タイプから探す

睡眠不足が太る原因に?ダイエットするなら良質な睡眠を!

睡眠不足が肥満の原因に?ダイエットするなら良質な睡眠を!

「ちゃんと寝ないと太るよ」って言われても、何ともピンとこないですが、実は世界各国の研究結果からも実証されている事実なんです。

逆に良質な睡眠を心がけると、ダイエットの効果にも影響するとも言われています。

一体なぜそんな事が起り得るのでしょうか。ここではそのメカニズムについてご紹介したいと思います。

睡眠不足が肥満の原因?

睡眠不足が肥満の原因?

海外での研究によると、肥満度は7~8時間寝る人が最も低く、それより睡眠時間が長くても短くても肥満度が高くなる傾向にあると言われています。

どのくらい違うかと言うと、5時間睡眠の人は肥満度が50%アップし、4時間以下の睡眠ではなんと73%も上昇するとされています。

ではなぜ、睡眠時間が短いと太りやすいのでしょうか?

その答えは、「レプチン」と「グレリン」という二つのホルモンにあります。

「レプチン」と「グレリン」の働き

まず脂肪細胞で分泌されるレプチンは、脳の視床下部にある食欲中枢に満腹信号を送る働きをしています。

反対に胃から分泌されるグレリンは、視床下部の食欲中枢に空腹信号を送ります

つまり、レプチンは食欲を抑制し、グレリンは食欲を促進させるという働きがあり、この2つのホルモンがダイエットの鍵を握っていると言っても過言ではありません。

ですが、睡眠不足になるとレプチン(満腹信号)が減り、グレリン(空腹信号)が増えると言われています。

満腹指令を空腹指令が上回る事により、必要以上にたくさんのものを食べてしまいがちになり、太りやすくなってしまうという訳です。

適切な睡眠のダイエット効果

適切な睡眠のダイエット効果

近年、睡眠時間を利用した<睡眠ダイエット>が大変注目を集めています。

もちろん、寝ている間に体を動かす運動をするわけではありません。どんなものかというと、毎日質の良い睡眠を7.5時間取るというダイエット方法です。

「寝るだけでダイエットになるの?」そう疑問に思われる方も多いと思いますが、本当に寝る以外の動作は必要ありません。

睡眠ダイエットのメカニズム

そのメカニズムについてご説明しますと、まず睡眠時に脳はレム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い睡眠)を繰り返しています。

脳が覚醒している状態のレム睡眠時には、ランニング20分程度に匹敵する約300kcalも消費しているんです!

しっかり眠る事は、想像以上に多くのカロリーを消費している事がおわかり頂けると思います。

成長ホルモンの分泌も大事!

また、もう一つのポイントは<成長ホルモン>です。

成長ホルモンは眠り始めの3時間程度で1日の7~8割程度も分泌されると言われますが、成長ホルモンが出ている睡眠中には新陳代謝が最も高くなります。

成長ホルモンは中性脂肪を分解し、筋肉を修復してくれる働きがありますが、睡眠不足の影響で分泌が阻害されると、「新陳代謝がうまく行われない=脂肪も分解されず、消費カロリーを増やす源となる筋力も落ちるため、太りやすくなる」という形になってしまうのです。

良質な睡眠を取る事は即ち、代謝を増やし、脂肪を燃焼させるダイエットにも繋がるという訳です。

睡眠不足の原因

睡眠不足の原因

睡眠不足がダイエットの妨げになる事はご説明して来ましたが、睡眠不足の原因としてはどんなものがあるのでしょうか。

ランキング形式で見てみると、次のようになります。

1位:仕事や外出などによる帰宅時間の遅さ
2位:ベッド、布団に入ってからのスマホ
3位:通勤、通学に時間がかかるなど、起床を早くする必要性がある
4位:家事
5位:育児

注目すべきは2位の<寝ながらスマホ>ですが、社会人の7割、20代~30代の女性の実に8割もの方が日常的に行っていると言われています。

特に若い世代の割合が高く、生活環境以外に睡眠を阻害する大きな原因になっていると言われています。

あわせて読みたい
眠りが浅い 原因 対策
眠りが浅い4つの原因と対策!ストレスをなくして熟睡しよう 朝起きた時に眠った気がしない 夜中に何度も目が覚める 眠りが浅くて疲れがとれない 熟睡したのは何年前だろう ...

質の良い睡眠をとるポイント

では、睡眠不足を改善し、質の良い睡眠を取るためにはどうすれば良いのでしょうか。それには、次のようなポイントに気を付ければ良いとされています。

  1. 休みの日も毎日決まった時間に起きて生活リズムをつける
  2. 朝食はきちんと摂り、朝には太陽の光をちゃんと浴びる
  3. 夕方以降は目が冴えてしまうため、居眠りをしない
  4. 寝る前にカフェインを摂らない
  5. 温めのお風呂にゆっくりつかる
  6. ベッドでテレビやスマホの画面を見ない

おわりに

今回は、「睡眠不足と肥満の関係」「質の良い睡眠をとるポイント」についてお話ししてきましたが、いかがだったでしたか?

質の良い睡眠を取る事で各種ホルモンの分泌がスムーズに行われ、代謝が亢進される事によって太りにくくなり、ダイエット効果が得られます。

また、成長ホルモンの分泌が促進されると、皮膚の修正や再生が活発になるため、美肌にも繋がります

ダイエットと美肌の獲得。特に女性にとっては嬉しい効果を得るためにも、日々の睡眠習慣を見直し、質の良い睡眠を心掛けてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい
深い眠りにつく方法
深い眠りにつく11の方法!浅い睡眠を卒業して快眠を手に入れよう深い眠りにつけた日は日中も元気に活動できますよね。 でも、同じ時間だけ寝てもスッキリ快眠の日もあれば眠くて頭がぼーっとしてしまう日...