スッキリ目覚めるコツ

朝起きられずに毎日遅刻していた私が試した3つの二度寝防止策!

二度寝防止

朝起きれない、毎日のように二度寝してしまうというのが私の悩み・・・

私は毎日のように会社に遅刻していました。仕事の成績は良かったのですが遅刻のせいで会社からの評価も低く、二度寝してしまうのを治したいと思い様々な二度寝防止策を実践してきました。

しかし、怠惰な私は二度寝防止策を試してみても続けることができず、1回やっては終わりということの繰り返しをしていました。

今回は、そんな怠惰な私でもできた、手軽にできる二度寝防止策を紹介していきます!

怠惰な私が試した3つの二度寝防止策

二度寝防止 3つの方法
「二度寝防止」「二度寝をしない方法」などと検索すれば、二度寝をしないための様々な方法が紹介されていますよね。

私も実際に検索して出てきた方法を色々と試してみたのですが、どれも続けることができませんでした。何しろ怠惰な私は、続けるということが苦手で、「ストレッチや体操をするとか無理」「朝、シャワー浴びるのはめんどくさい」という感じでした。

そこで私がした二度寝防止策は、とにかく手軽にできて毎日無理なく続けられること。具体的には以下の3つの二度寝防止策をしてみました。

  • 朝起きた時に水を飲むことを習慣化してみた
  • 枕元にガムを置いて朝起きたら食べることを習慣化してみた
  • 光目覚ましinti4を使用してみた

それぞれの二度寝防止策の詳細を説明していきますね♪

二度寝防止策1.朝起きた時に水を飲むことを習慣化してみた

朝 水 飲む 健康
私が二度寝してしまうパターンとして、朝起きてトイレに行ってからベッドに戻って二度寝ということが多かったです。

そこでトイレに行く前にとにかく水を飲むことを習慣化してみました。

枕元にペットボトルの水を置いておき、朝起きたらとにかく水を飲む!これだけ!

水を飲むことで内臓が刺激されて身体が目覚める効果があるそう。水を飲んで目がパッと覚めるわけではありませんが、二度寝したいという気持ちが薄れるのは実感しています。

また、夜寝ている間に身体からは大量の水分や栄養が使われるので、朝起きたとき身体はカラカラの状態だそうです。水を飲むことで水分補給になるので身体にもいいですね。

二度寝防止策2.枕元にガムを置いて朝起きたら食べることを習慣化してみた

ガム 朝 目が覚める
水と同様にガムを食べることも習慣化してみました。

ガムのボトルを枕元に置いておき、朝起きたら水を飲む、そしてガムを口に入れるという流れです。

ミント系のガムを噛むことで目が覚めますし、噛むという行為は脳を覚醒させる効果があるそうなので、二度寝防止には効果的だそうです。

そもそも、ガムを噛みながら眠ることはできませんよね(汗

ガムを噛みながら眠ることができる人もいるかもしれませんが、私は眠れません。

最初のうちはベッドの中でガムを噛んでいましたが、ガムを噛んでいるうちに眠気もなくなってきて、自然とベッドから起きられるようになりました。

二度寝防止策3.光目覚ましを使用してみた

inti4 インティ 光目覚まし
朝太陽の光を浴びると身体にいいということは睡眠に関する本やウェブサイトでよく紹介されていますよね。

私も二度寝を防止するために様々な書籍やサイトを見ていたので、太陽の光を浴びることで体内時計がリセットされて二度寝を防止できるということを知っていたのですが、残念ながら住んでいる部屋に朝日が当たらない・・・

朝日が当たらない・・・!

二度寝を防止する方法として有効だということがわかっていてもできないというのは実にもどかしいです。そこで朝日の代わりになるものはないかと考えていた時に知ったのが「光目覚まし」。

体内時計をリセットするためには、強い光であれば太陽の光以外でも大丈夫らしく、光目覚ましの中で有名なinti4という商品を試してみました。

実際に試してみた感想としては、とにかく明るいです。すぐに目が覚めるし、二度寝できないくらい明るいです。

私の部屋でinti4の動画を撮っても良かったのですが、動画があったので実際の明るさのイメージがわかると思います。

光目覚ましinti4は普通の目覚まし時計をセットするのと一緒で手間なく夜のうちにセットできるので、怠惰な私でも続けることができています。

inti4は約3万円と決して安くないので、買ったほうが良いとおすすめしているわけではありません。

私は朝日が当たらない部屋に住んでいたので、消去法としてinti4を購入しました。実際に使ってみて二度寝をしなくなったので、3万円は自己投資と思って満足しています。

光目覚ましの詳細はこちら

朝起きられない原因はモチベーションではなかった!

朝起きれない 原因 気持ち やる気
朝起きれずに二度寝をしてしまっていた当時は、

  • 起きれないのは気合が足りないからだ。
  • 二度寝してしまうなんて私はダメ人間なんだ・・・

と二度寝をしてしまうたびに落ち込んでいました。

当時の私は、朝起きるためには気持ち(モチベーション)が大切と考えていましたが、実は気持ちよりも朝のルーティンを決めておくことが大切ということに気づき、ほとんど二度寝をしないようになりました。

紹介してきた通り、私の朝のルーティンは、

光目覚ましで目をさます

とにかく水を飲む

おもむろにガムを口に入れる

たったこれだけで、朝二度寝をしないで起きれるようになりました。

今回紹介した私の二度寝防止策が、みなさんの二度寝防止にも役立てば幸いです♪

あわせて読みたい
朝 眠い 女性
二度寝をしない10の方法!朝スッキリ目覚めよう あと少し……とついつい二度寝をしてしまう。 朝起きれないせいで仕事や学校に遅刻してしまう よくないとわかっていて...