寝つきをよくする

睡眠導入剤「マイスリー」の効果と持続時間は?睡眠薬やサプリメントとの違いも解説!

睡眠導入剤「マイスリー」の効果と持続時間は?睡眠薬やサプリメントとの違いも解説!

夜眠れなかったり、寝ても疲れが取れなかったりすることは多いかと思いますが、実は日本人の20%以上の方が不眠に悩まされていると言われています。

寝付くまでに時間がかかかる」などの悩みをお持ちの方で、睡眠薬や睡眠導入剤・睡眠サプリを探している方も多いと思いますが、これらの違いを知っている方は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、病院で処方される睡眠導入剤「マイスリー」と市販の睡眠薬・睡眠サプリの違いについてお話ししていきたいと思います。

睡眠導入剤に頼る前に!
おすすめの「睡眠サプリ」ランキングは記事後半へ

睡眠導入剤「マイスリー」とは?

「マイスリー」は、不眠症に対して病院などで処方されることが多い薬です。

主成分は「ゾルピデム」と呼ばれる化合物で、超短時間作用の睡眠薬です。

入眠障害に効果があり、寝つきの悪いタイプの人に適しています。

マイスリー等の睡眠導入剤は効果が高い反面、副作用も考えられるため市販されていません。まずは、安全性の高い「市販の睡眠薬」や「睡眠サプリ」を試してみることをおすすめします。

マイスリーの効果・特徴

1.寝つきを良くする
入眠障害の方は、夜布団に入ってからも実際に寝付けるまでに時間がかかってしまうことが多いですが、マイスリーはこの寝付くまでの時間を短縮する効果が期待できます。

2.睡眠の質が良くなる
人の眠りには、レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)の2つに分けられますが、マイスリーはノンレム睡眠を増加させることで、睡眠の質が良くなることが期待できます。

3.睡眠以外の余計な鎮静作用が出にくい
他の睡眠導入剤の中には、睡眠の導入の催眠作用以外にも、不安を抑えたり痙攣を抑えたりと色々な(余計な)効果が付いてきます。
しかし、マイスリーの場合は睡眠導入時の催眠・鎮静作用が最も出やすく、他の作用は出にくくなっているため、主な効果として「寝付きが良くなること」を期待できます。

4.翌朝への持ち越し効果が少ない
この後の「マイスリーの効果の持続時間は?」で詳しく解説しますが、マイスリーは寝付きの改善に使っても、翌朝には眠気は取れてしっかりと目覚められます。

5.服用の中止後の副作用が少ない
睡眠薬の中には、服用後に良く眠れるようになり、改善できたと満足して服用を中止すると、服用前より強い不眠が現れるようになることがあります。
この症状をリバウンド現象などということもありますが、マイスリーの公式情報でもこのリバウンド現象は見られないとされています。

※マイスリーは、長期間服用した後に中止すると、服用前より強い不眠がみられるという報告もあるため、医師と相談して徐々に薬を減らしていくことも大切です。

マイスリーの効果の持続時間は?

睡眠導入剤マイスリーの効果と持続時間

睡眠薬について気になる、「どのくらいで効くのか?」「どれくらい持続するのか?」といった効果時間についてもご説明していきます。

マイスリーは「超短時間型」と呼ばれる「すぐ効くタイプ」の睡眠導入剤で、寝付きの悪い方(入眠障害の方)に使われることが多い薬です。

健康な成人ですと15〜30分ほどで効果が出て、2時間ほどで効果がなくなっていきます。

睡眠薬の中には翌朝まで効果が残ってしまい、朝起きた時に眠気やふらつきなどの症状が残る「持ち越し効果」がある場合もありますが、マイスリーでその持ち越し効果は表れにくいとされています。

マイスリーの成分は「ゾルピデム」という名前のもので、最近はジェネリック医薬品の「ゾルピデム錠」などを使われている方もいらっしゃいます。

睡眠薬・睡眠導入剤・睡眠サプリの違いは?効果と副作用について

睡眠時間 1週間 1日

効果について

まずは睡眠薬、睡眠導入剤、睡眠サプリの「効果の違い」からお話ししていきます。

そもそも睡眠薬と睡眠導入剤が医薬品であるのに対し、睡眠サプリメントは健康補助食品になります。

それぞれの具体的な効果は下記のようになります。

睡眠薬・睡眠導入剤
・脳の機能を低下させ催眠作用を促す効果
・自然な眠気を強くする効果

睡眠サプリメント
ストレスを軽減して睡眠の質を高める効果
起床時の疲労感を軽減する効果

どちらも睡眠の質を改善するという効果に変わりはありませんが、睡眠薬睡眠導入剤は脳に直接働きかけることで効果があるのに対し、サプリメントは睡眠に必要な栄養素を取り入れることで間接的に効果があるという違いがあります。

また、睡眠薬と睡眠導入剤の違いとは、薬の作用する時間の違いによります。不眠を改善する薬には、以下のように主に4つのタイプがあります。

睡眠薬の効果時間

超短時間型の薬:3~4時間の効果
短時間型の薬:5~6時間の効果
中時間型の薬:7~8時間の効果
長時間型の薬:それ以上の効果

この中で睡眠導入剤は、超短時間型と言われる眠り始めに効果を発揮する医薬品に当たります。

一方で、睡眠薬はこれらの薬全てのことです。下の図を見てもらうとイメージがつかめると思います。

睡眠薬 睡眠導入剤 違い

睡眠薬と睡眠サプリの副作用について

健康食品と医薬品ですので、それぞれの副作用のリスクは異なります。

睡眠薬・睡眠導入剤
タイプによって副作用は異なりますが、主な副作用として、「眠気が翌朝まで残る」「集中力の低下」「妊娠中、授乳中の悪影響」などがあります。

睡眠サプリメント
健康食品のため基本的に副作用はありません。

副作用のリスクについては個人差があり、必ずしも安全性を保証できるものではありません。睡眠薬・睡眠導入剤、睡眠サプリメント、それぞれの違いを理解することが大切ですね。

睡眠薬・睡眠導入剤の種類一覧

超短時間型(半減期が2~4時間程度)

睡眠薬名称 主成分
マイスリー ゾルピデム
ハルシオン トリアゾラム
アモバン ゾピクロン
ルネスタ エスゾピクロン

 

短時間型(半減期が6~12時間程度)

睡眠薬名称 主成分
レンドルミン ブロチゾラム
ロラメット ロルメタゼパム
エバミール ロルメタゼパム
リスミー リルマザホン

 

中時間型(半減期が12~24時間程度)

睡眠薬名称 主成分
ロヒプノール フルニトラゼパム
サイレース フルニトラゼパム
ベンザリン 二トラゼパム
ネルボン 二トラゼパム
ユーロジン エスタゾラム
エリミン 二メタゼパム

 

長時間型(半減期が24時間以上)

睡眠薬名称 主成分
ドラール クアゼパム
ベノジール フルラゼパム
ダルメート フルラゼパム
ソメリン ハロキサゾラム

市販の睡眠薬「ドリエル」とは

「ドリエル」はエスエス製薬から販売されている睡眠改善薬で、指定第2類医薬品に分類されています。マイスリーとは違い薬局やネット通販(amazonや楽天)で買うことができます。

ドリエルの効果は、寝つきが悪い・眠りが浅いなどの一時的な不眠症状の緩和ですので、入眠障害などの慢性的な不眠には効果が出にくいです。

たとえ効果が出たとしても、ドリエルは4日~7日で身体が薬に慣れて(耐性ができて)しまうので、服用し続けているうちに効果が弱くなってしまいます。

とはいえ、一時的な不眠には有効ですので、「病院に行くほどではない」という方はぜひ一度試していただきたいと思います。

「ドリエル」の購入はこちら(amazon)

ドリエルの副作用は?

市販薬ドリエルの副作用

安全性の高い市販薬といっても、ドリエルにも風邪薬と同じくらいの多少の副作用があります。

ドリエルの副作用
皮膚の発疹やかゆみ、吐き気や食欲不振、めまいや頭痛、眠気の持越しや注意力の低下、動悸や倦怠感、下痢など

エスエス製薬の臨床試験によると、「就寝の30分前にドリエルを服用した場合の副作用の発生は4.6%」とのことですので、体に異常を感じたらすぐに薬の服用を止め、医師や薬剤師に相談するようにしてくださいね。

これから不眠対策をするなら・・・

ここまでで説明した睡眠薬・睡眠導入剤・睡眠サプリそれぞれの特徴を踏まえると、本格的な不眠対策を行うのが初めてで、「副作用のリスクを少なくしたい」「今すぐ手軽に始めたい」という方は睡眠サプリメントを試してみるのがおすすめです。

一方で、睡眠薬は医師の診察&処方が必要ですので、「重度の不眠に悩んでいる」「睡眠サプリメントを試してみても効果がない」という方は睡眠薬の利用をおすすめします。

おすすめの睡眠サプリランキング

ランキングは以下で紹介する「睡眠サプリメントを選ぶ3つの基準」をもとに、厳格なリサーチを行い独自で算出したものです。

睡眠に役立つ成分はもちろんのこと、サプリの品質や安全性についても徹底的に比較しています。

【睡眠サプリランキング1位】グッドナイト27000
グッドナイト27000 睡眠サプリメント

「睡眠をサポートする」という効果が科学的に認められている機能性表示食品であるグッドナイト27000。

睡眠の質の改善効果が認められ、睡眠サプリメントの中でも高い知名度と評価を誇り、多くの方が選ぶ睡眠サプリメントです。

グッドナイトの主成分であるL-テアニンは緑茶に含まれるアミノ酸です。リラックス効果があり寝つきが悪いという悩みを解消してくれます。また、L-テアニンは数多くの睡眠サプリメントに配合されていますが、グッドナイト27000の配合量(6,300mg)は圧倒的です。1日あたり約200mgのL-テアニンを取れる睡眠サプリメントはグッドナイト27000だけでしょう。初めて睡眠サプリメントを試してみるという人におすすめです。

おすすめ度(最大星5)
定期購入価格 初回990円(2回目以降4,800円)
単品価格 6,000円
内容量 1ヶ月分(90粒)

詳細ページ公式ページ

グッドナイト27000が選ばれている理由は、

  • 良質な睡眠をサポートすることが証明された機能性表示食品
  • L-テアニンをはじめ、グリシン、ギャバ、トリプトファンなどの充実の成分
  • 特許成分の「ラクティウム」配合
  • 安心の国内生産(GMP基準認定、HACCP準拠)で徹底した管理
  • 初回限定990円のキャンペーン中
【睡眠サプリランキング2位】ネムリス
ネムリス 睡眠サポートサプリメント

天然由来の植物成分にこだわって作られた睡眠サプリメント、「ネムリス」。

休息に効果がある天然ハーブとして注目されている特許所得のラフマ葉抽出物が配合されており、実際にネムリスを試してみた人の92.8%が満足という結果が出ています。

おすすめ度(最大星5)
初回お試し価格 5,670円
単品価格 7,000円
内容量 1ヶ月分

詳細ページ公式ページ

【睡眠サプリランキング3位】ピースナイト
ピースナイト キッコーマン 睡眠サプリメント

睡眠の質を高めて朝スッキリ起きる効果のあるテアニンと、精神的ストレスを緩和する効果のあるギャバを配合した「ピースナイト」。

加齢とともに衰える睡眠の質を改善することを目的に作られた睡眠サプリメントで、特に更年期の女性に効果が高い成分です。また、1位のグッドナイト27000と同様に機能性表示食品です。

おすすめ度(最大星5)
定期購入価格 初回2,730円(2回目以降4,914円)
単品価格 5,460円
内容量 1ヶ月分

詳細ページ公式ページ

以上の説明は効果・効能を保証するものではありませんので、実際のご購入の際は各睡眠サプリメントのサイトや規約等をご確認の上、ご自身でご判断ください。

おすすめの睡眠サプリ

ここまでご紹介した睡眠サプリメントは、どれも効果があり口コミ評価が高いサプリとなっています。

寝つきの悪さや不眠は放っておいても改善することはほとんどなく、時間とともに悪化していくことが多いので、「いつか対策を・・・」と考えているのでしたら、早めに開始しましょう。

もし3つの睡眠サプリメントの中で迷っているなら、当サイトで最も人気のグッドナイト27000を試してみてはいかがでしょうか。今まで睡眠サプリメントを購入したことがない人にもおすすめです。

グッドナイト27000 睡眠サプリメント

睡眠サプリメントを選ぶ3つのポイント

睡眠サプリメント選びのポイント

睡眠サプリメントを選ぶ上で特に大切な3つのポイントを解説していきます。

ランキングの基準にもなっていますので、睡眠サプリメントを比較して選ぶ際の参考にしてくださいね。

1.成分表示を見て不眠の悩みに合わせて選ぶ

睡眠サプリは成分表示を見て不眠の悩みに合わせて選ぶ

睡眠サプリメントを選ぶ際に最も重視すべきなのは、サプリに含まれている成分です。

特に以下で紹介するトリプトファン、グリシン、テアニン、ギャバは睡眠の質を上げるために効果的な成分ですので、あなたの悩みに応じてどの成分が必要か確かめてから購入するといいでしょう。

成分が記載されていない睡眠サプリメントは間違っても選ばないようにしましょう。

2.継続できる価格で選ぶ

睡眠サプリは継続できる価格

睡眠サプリメントは栄養を補う補助食品なので、睡眠を改善するためには毎日継続して飲むことが大切です。継続できる価格の睡眠サプリメントを選びましょう。

睡眠サプリメントは高ければ高いほど良いというものでもありません。自分の身体に必要な成分がしっかりと含まれている、自分の身体に合った睡眠サプリメントを選ぶようにしましょう。

3.徹底した品質管理、製造工程で選ぶ

睡眠サプリは品質管理されたものを選ぶ

睡眠サプリメントに限ったことではありませんが、品質管理がされているかどうかは比較して選ぶ上で重要なポイントでしょう。

睡眠サプリメントは食品にあたりますので、国内ではGMP認定HACCPなどの品質管理を徹底するための厳しい基準があります。

これらの基準をクリアしている睡眠サプリメントであれば、高い品質が保証されていると言えます。

睡眠サプリメントの成分と効果

トリプトファン(セロトニン、メラトニン)の睡眠効果

牛乳 トリプトファン

牛乳やチーズなどの乳製品に多く含まれるトリプトファン。

トリプトファン自体が睡眠の質を改善するわけではないのですが、睡眠に大切なセロトニンメラトニンはトリプトファンが材料となって作られます。

下の図を見てもらうとわかりやすいのですが、食べ物やサプリメントから摂取したトリプトファンを材料にセロトニンが作られ、セロトニンが睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌を促します。

トリプトファン セロトニン メラトニン

トリプトファンは正式名称を「L-トリプトファン」という必須アミノ酸の一種です。

グリシンの睡眠効果

グリシン 豚足

グリシンはアミノ酸の一種で、睡眠の質を上げる(特に入眠を良くする)効果があることが様々な研究からわかっています。

人が眠りにつく際には、深部体温(身体の中心部分の体温)を下げる必要があるのですが、グリシンは手足などの末端から熱放出を促し、深部体温を下げる働きをしてくれるのです。

グリシンを多く含む食べ物は、ゼラチン、牛すじ、豚足などコラーゲン豊富な食べ物です。

テアニンの睡眠効果

テアニン 緑茶

テアニンは緑茶に含まれる旨味成分です。

睡眠の質が下がる最大の原因はストレスですが、テアニンにはリラックス効果がありストレスを緩和してくれるため、質の高い睡眠をサポートしてくれます。

また、テアニンにはドーパミンなどの脳の覚醒作用の働きがあるホルモンを抑制する効果もあり、夜に脳が興奮してしまって眠れないという人におすすめの成分です。

ギャバ(GABA)の睡眠効果

ギャバ チョコレート カカオ

ギャバ(GABA)の効果として広く知られているのは「ストレス軽減の効果」。イライラを抑えてリラックスさせる効果があるので、ストレスで寝つきが悪い、寝られないという人に効果的な成分です。

また、ギャバは交感神経の働きを抑え副交感神経の働きを強めてくれるので、スムーズな入眠をサポートしてくれます。

GABAが多く含まれている食べ物として有名なのは、チョコレートやココアの原料となるカカオです。

睡眠薬の購入の際はご注意を!

睡眠薬購入の際の注意

睡眠薬・睡眠導入剤・睡眠サプリの違いのところでも説明しましたが、睡眠薬・睡眠導入剤は医師の診察&処方が必要な『医薬品です。

そのため、症状のわからない方に対しておすすめという形で紹介することはできません。

例えば、最初にご紹介した睡眠導入剤マイスリー。マイスリーを市販で買いたいという人もいるかもしれませんが、マイスリーはそもそも市販で売っていませんし、仮に購入できる場合、それは違法です

睡眠サプリではなく睡眠薬・睡眠導入剤を必要とする場合、睡眠外来や睡眠専門のクリニックなどを受診しましょう。

あなたに合った方法で不眠対策を

今回は、睡眠薬や睡眠導入剤・睡眠サプリの違いについて詳しくお話ししてきましたが、いかがでしたか?

睡眠薬やサプリメントがなくても毎日熟睡できるというのが理想かもしれませんが、現在睡眠についての悩みがある場合、薬やサプリメントで睡眠の質を改善するのも大切です。

繰り返しになりますが、不眠対策において大事なのはあなたに合った方法で対策を行うことです。

あなたが毎日ぐっすり眠れるようになることを願っています。